先日私の母が還暦を迎えましたので、そのお祝いにお花を送りました。

 

母は女手1つで私達兄弟を養ってくれたので、還暦になったら兄弟それぞれ違ったものをプレゼントしようと話していました。

 

そこで私は今までにあげたことのないお花をプレゼントすることにしました。

 

お花に関する知識が全くない私は、インターネットで調べた後、

 

イメージがわかないので、直接地元の花屋さんに行きました。

 

お花屋さんと聞くと、若い女性がにこにこ水をやっているイメージで、入るための敷居が高く感じていました。

 

いざ入って店内を眺めてみると、様々なお花がありました。

 

若い女性のアルバイトみたいな子もいて、

 

なんとなくイメージ通りという感じがしました。

 

その店内には、それぞれの花に花言葉が付いていた為、

 

私でも迷うことなく主体になる花を選べました。

 

人気があるということもあり、フリージアはすぐに決まりましたが、

 

他の飾りになる花がなかなか選べなかったので、

 

お店の人にお願いして、予算は気にせず、

 

還暦祝い用の花を送りたいと言うと、快く対応してくれました。

 

母に対する思いや、人柄を伝え、後はお任せにして当日を楽しみにしていると、

 

とても豪華な花が届きました。

 

母もすごく喜んでくれていた様で、

 

私も大満足でした。